総合生命科学コース

総合生命科学コース

3大学間共通コース東京医科歯科大学 東京工業大学 一橋大学

(1)コースのねらい、趣旨

人間は生物学的な存在であると同時に社会的存在でもあることはいうまでもない。また、近年の生命科学の進歩は著しく、人間のゲノム解析もほぼ終了した中で、社会との関わりなど、広い視野をもつ人材が強く望まれている。
本コースでは、生命現象の基本とその応用、さらには人間の社会的存在を支える社会科学的な側面、特に法律的な側面ならびに言語・心理学的な側面について講義を行う。基礎医学・生物学的な面から、発生学・細胞生物学・分子生物学などに加えて、解剖学・生理学、あるいは脳の世紀を迎えて発展の著しい神経科学の講義を実施する。また、生命工学の視点からは、ゲノム情報・遺伝情報の基礎とその応用について講義を行う。これらの講義を通じて、生物・生命について考究する。
加えて、医療と法律との関連について講義する。特に憲法・民法・刑法といった法律や生命倫理学からみた生殖医療などについての講義を行う。さらに、臨床医学の分野については、癌に関する基礎と臨床や法律との関連の深い救急医療などに関して講義を実施する。
このようなコースを開設し、医学・歯学・理学・工学・法学・社会学を横断する知識を有する人材の育成を図る。

(2) 開設科目

各コースの授業科目(予定)一覧表を参照のこと。

(3)実施要領

医歯大担当者
東工大担当者 ○中村聡(生物プロセス)、工藤明(生命情報)
一橋大担当者 高橋滋(法)
コース定員 若干名
コース修了要件 所属大学・受入大学を問わず各大学から最低4単位ずつ、計20単位以上履修する
PAGETOP
Copyright © 四大学連合 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.