文化講演会

  • HOME »
  • 文化講演会

第12回四大学連合文化講演会

環境・社会・人間における「安全・安心」を探る-安全で安心の出来る社会-
~学術研究の最前線をやさしく解説する~
2017年11月24日(金)13:00~16:30 一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2)

総合案内

日時
2017年11月24日(金)
13:00~16:30
場所
一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2)
地図で見る
主催
四大学連合
・東京医科歯科大学 ・東京外国語大学
・東京工業大学 ・一橋大学
企画
四大学連合附置研究所
後援
お茶の水会 東京外語会 蔵前工業会 如水会
定員
500名(入場無料)
締切
2017年11月13日(月)

PROGRAM

12:20
開場
13:00-13:10
開会挨拶 東京外国語大学 学長
13:10-13:20
来賓挨拶 文部科学省研究振興局学術機関課
13:20-14:00
東京工業大学 未来産業技術研究所
特任教授 笠井 和彦
「地震に対し安全・安心な建物構造技術の研究」
14:00-14:40
東京医科歯科大学 難治疾患研究所
教授 古川 哲史
「Precision Medicineを目指した心血管ゲノム研究」
14:40-15:00
休憩
15:00-15:40
一橋大学 経済研究所
教授 植杉 威一郎
「不動産市場と経済・バブル」
15:40-16:20
東京外国語大学 現代アフリカ地域研究センター
センター長 武内 進一
「現代アフリカの紛争と平和構築」
16:20-16:30
閉会挨拶 東京工業大学 学長

参加申し込み

締切:2017年11月13日(月)

定員:500名(入場無料)

定員に達し次第、締め切りますのでお早めにお申し込み下さい

※FAX・郵送でお申し込み希望の方は申込書をこちらからダウンロードできます

お問い合わせ・お申し込み先

東京外国語大学 研究協力課 共同研究拠点係
〒183-8534 東京都府中市朝日町3-11-1
TEL:042-330-5600
FAX:042-330-5610

アクセス

会場:一橋大学一橋講堂(東京都千代田区一橋2-1-2)

講演要旨・講師紹介

「地震に対し安全・安心な建物構造技術の研究」
講演要旨

阪神大震災、スマトラ地震、四川地震、東日本大震災、熊本地震など、自然の猛威は人知を超えている。人命、財産、社会を護るため、より強い建築・土木構造が必要である。本講演は、そのために開発された制振構造や免震構造のしくみと、住宅から超高層建物までの広い適用例を説明する。

講師プロフィール

東京工業大学 未来産業技術研究所 特任教授

笠井 和彦 かさい かずひこ

1951年生まれ。カリフォルニア大学バークレー校博士課程修了。イリノイ工科大学助教授、准教授、リーハイ大学准教授を経て、1997年に東京工業大学教授、2017年4月から同校の科学技術創成研究院 未来産業技術研究所において特任教授。
専門は、建築構造・材料、耐震工学であり、地震から建物を守る先端構造技術の研究と開発を行っている。地震工学の日米共同研究、日中共同研究プロジェクトのリーダーを務め、また、研究成果を元に多くの学協会で主導的な立場で指針作成に従事した。米国大統領賞(耐震構造)、日本建築学会賞(制振構造)などを受賞

http://www.enveng.titech.ac.jp/lab/kasai_lab.html

Precision Medicineを目指した心血管ゲノム研究
講演要旨

2016年オバマ前アメリカ大統領がPrecision Medicineの必要性を提唱した。Precision Medicineは、どこまで来ているのだろうか?本講演では、その現状と課題について心臓疾患を例に解説する。

講師プロフィール

東京医科歯科大学 難治疾患研究所 教授

古川 哲史ふるかわ てつし

1957年生まれ。1983年東京医科歯科大学医学部卒業。1989年医学博士。1989年マイアミ大学循環器内科。1991年日本学術振興会特別研究員。1994年東京医科歯科大学難治疾患研究所助手。1998年秋田大学医学部助教授。2003年より現職。専門は循環器薬理学、循環器内科学。主な著作は「臨床力をアップさせる循環器のギモン31」(南江堂)、「臨床に役立つ心血管ゲノム医学」(メディカル・サイエンス・インターナショナル)など。

http://www.tmd.ac.jp/mri/cph/index.html

不動産市場と経済・バブル
講演要旨

不動産は家計や企業にとって身近かつ不可欠な存在であるとともに、不動産市場の変調は、バブルやその後の危機を通じて経済に大きな影響をもたらします。しかし、その影響の実態には解明されていない部分が多く残されています。不動産市場と経済活動との連関を明らかにする最新の研究成果を紹介します。

講師プロフィール

一橋大学 経済研究所 教授

植杉 威一郎うえすぎ いいちろう

1969年生まれ。1993年東京大学経済学部卒業後、通商産業省入省。2000年カリフォルニア大学サンディエゴ校経済学博士課程修了Ph.D.取得。経済産業省、中小企業庁、経済産業研究所などを経て、2011年一橋大学経済研究所准教授、2015年より現職。主な著作に『検証中小企業金融』(共編著、日本経済新聞出版社、2009年中小企業研究奨励賞本賞)、The Economics of Interfirm Networks(共編著、Springer)など。

http://www.ier.hit-u.ac.jp/Japanese/faculty/uesugi.html

「現代アフリカの紛争と平和構築」
講演要旨

今日、アフリカの紛争は日本と無縁ではありません。なぜ紛争が起こるのか、なぜ民族や宗教の違いが対立を生むのか、平和のために国際社会はどんな努力を払っているのか。近年のアフリカの経験に基づいてお話しします。

講師プロフィール

東京外国語大学 現代アフリカ地域研究センター
センター長

武内 進一 たけうち しんいち

1962年生まれ。東京外国語大学フランス語科卒業。東京大学博士(学術)。日本貿易振興機構アジア経済研究所アフリカ研究グループ長、同地域研究センター長を経て、2017年より現職。専門はアフリカ地域研究。主な著作として、『現代アフリカの紛争と国家―ポストコロニアル家産制国家とルワンダ・ジェノサイド』(明石書店、2009年)など。同書により、第31回サントリー学芸賞と第13回国際開発研究大来賞を受賞。

http://www.tufs.ac.jp/research/people/takeuchi_shinichi.html

PAGETOP
Copyright © 四大学連合 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.